ハローワークにもしソシオエステティシャンがいたら・・・?

皆さんおはようございます。高塚静恵です。

ソシオエステ発祥の国、フランスCODESのホームページに面白い記事を見つけました。

記事の原文はこちらです。(写真をご覧になれます)

フランスにはPôle Emploiという機関があり、日本でいういわゆる職業安定所、ハローワークのようなところです。

そのPôle Emploiによってビューティーサロンが開かれ、そこにソシオエステティシャンが在籍しているそうなのです!!

ご存知の方も多いと思いますが、ヨーロッパの失業率は日本よりもかなり高いです。

2018年10月の失業率は2.4%、フランスは9%台を推移しています。

特に若者の失業率は高いそう。

ソシオエステティシャンが在籍するこのサロンを一度足を踏み入れると、1年間の継続的なケアが受けられるようです。毎月3ユーロで美容院を利用でき、1ユーロでエステを受けられる。その目的はとてもシンプルで、男女問わず、雇用の道に再び戻ることができるよう自信をつけてもらう、というものです。

このサロンに在籍しているソシオエステティシャンの一人であるルーシーさんは、メイクのアトリエも行なっているようで、「彼女たちが自宅でできるようになることが大切」と語っています。

 

記事の中にこんな文章がありました。

les aider à s’occuper d’elle et à s’aimer   自分自身をお世話(労り)し、自分を好きになるために援助する。

失業率の高いフランスで正規雇用に着くには、学歴だけでなく、第一印象も大切な要素の一つ。そこに自分への愛情と自信が加われば、いい職業に結びつく可能性もある・・・ソシオエステティックの持つ可能性の一つと言える記事だと感じました。

”c’est déjà une petite graine qui, dans un an, pourrait donner un bel arbre”

1年後に美しい木となるすでに小さな種である。

ソシオエステティックによってその小さな種がまかれたのなら、こんな素敵なことはないですね♪

もし日本のハローワークにソシオエステティシャンがいたら、どうなのでしょう??そんな想像をしてしまいました。

ソシオエステティシャンは医療や福祉だけでなく、社会面でも活躍の場がある職業ですね。

それでは今日はこの辺で。高塚でした。

お休みなさい

 

 

Comments are Disabled