ソシオエステティックとは?

ソシオエステティックは、人道的・福祉的観点から精神的・肉体的・社会的な困難を抱えている方に対し医療や福祉の知識に基づいて行う総合的なエステティックです。

施術によって人を癒し、励まし、QOL(生活の質)の向上に寄与し、その人が本来の自分を取り戻すために支援することを目的としています。

 

 

歴史

1978年、フランスでソシオエステティシャン養成機関CODESがルネ・ルジエール女史によって設立されました。

本場フランスでは、ソシオエステティックが技術教育資格として認可され、CODESの教育機関が国家から認められるようになりました。
ソシオエステティックの重要性が認知され、病院、高齢者施設、刑務所など医療や福祉の分野で重要な役割を担い、多くのソシオエステティシャンが活躍しています。

日本ではまだ始まったばかりの活動ですが、病院や女性を支援する施設、高齢者施設など活躍の場を広げようとしています。

 

 

je-je(ジュジュ)では

1. ソシオエステティックを必要とされるすべての方と、そのご家族を対象とします。

2. 医療・介護スタッフなど、お客様を支えるスタッフと連携を取りながらソシオエステティックを実践もしています。

3. 安全、安心をモットーに、施術をご提供いたします。

4. お客様の身体面、精神面に寄り添い、施術を行います。